安倍元総理のSPは役立たずで無能!何人で何してた?平和ボケが原因の声も

安倍元総理のSPは役立たず!何人で何してた?平和ボケが招いた事件か
スポンサーリンク

2022年7月8日午前11時半ごろに発生した、安倍晋三元総理への事件。

周りには警護にあたるSPがいたにも関わらず、背後からの攻撃を防ぐことができませんでした。

この事態に、「SPは役立たず」「無能」「何してたんだ」と怒りの声が多く上がっています。

そこで今回は、SPが何人で何をしていたのか、警護状況に問題がなかったのかをまとめていきます。

スポンサーリンク
目次

安倍晋三元総理の事件でSPに非難!

事件が起きたのは、2022年7月8日午前11時半ごろ。

奈良県奈良市の近鉄「大和西大寺駅」駅前にて、応援演説中の安倍晋三元総理が背後から攻撃されました。

安倍晋三

この悲劇を「なぜ防げなかったのか」警護体制に疑問の声が多く上がっています。


特に指摘されている点としては、

  • SPが全員正面をみていて誰も背後を確認していなかった
  • 誰も安倍元総理をかばわなかった

などです。

実際の画像を見てみると、確かに誰も後ろを警戒していないように見えます。

安倍晋三とSP
(黄色が容疑者)

日本はこういった事件が少ない国であることから、「平和ボケしている」との指摘もありました。

スポンサーリンク

当時の状況は?

安倍晋三

報道によれば、安倍晋三元総理が演説を行っていた場所は、

一般人が数メートルのところまで簡単に近づける状況だった

安倍晋三元総理の背後はガラ空きの状態だった

ということがわかっています。

現場写真

街頭演説といえば、一般的には車の上などから行うイメージがありますよね。

しかし、今回に関していえば、歩道にいる聴衆と同じ目線

安倍晋三

しかも、簡単に近づけるところで行っていたという点が不運だったとも言えるでしょう。

スポンサーリンク

安倍晋三元総理のSPは何人いた?

安倍晋三

安倍晋三元総理のSPや警備体制については、

  • 警視庁警護課のSPが1名
  • 奈良県警の警備担当が数名

と報道されています。

安倍元総理の周囲では、警視庁警護課のSP1名が警戒に当たっていた。

また、それに加えて奈良県警の警備担当者も現場入りしていたという。

FRIDAY(2022/7/8)

具体的な人数については、「態勢や警備のやり方に関わる」として明らかにされていません。

演説風景

この写真を見たところ、SPらしき人物が3〜4名ほどは安倍元総理の周りにいるように見えます。

応援演説中の安倍晋三

2022年6月30日の応援演説時も、黒いスーツのSPと思われる人が3名ほど見えます。

この時には、きちんと後方を警備している人がいることが分かります。

一部報道では、警備の人数が足りていなかったのでないかと言われています。


通常、大物の政治家が演説に来る場合は、

政党から県警に連絡があり、警備に当たることになります。


しかし、今回の演説については「前日に急遽決まった」ことが分かっています。

自民党佐藤啓さんのfacebook
自民党佐藤啓さんのfacebook

このことから、

  1. 急なスケジュール変更で警備体制が不十分だった?
  2. 奈良県警の規模では人数が足りなかった?

と指摘されています。

前日夜に安倍元首相のスケジュールが変更されたと聞いています。

人員が豊富な首都圏であれば問題なく対応できますが、

要員が限られた奈良県警ぐらいの規模だと、なかなか対応は厳しいと思います」

AERA dot.(2022/7/8)
スポンサーリンク

安倍晋三元総理のSPは何してた?

安倍晋三

人員の配置について、警視庁は、

  1. 安倍元総理の警護
  2. 雑踏警備
  3. 交通対策

など、「所要の警備態勢を取っていた」と説明しています。


しかし、ある危機管理コンサルタントは、

警視庁のSPについては訓練されたSPだと一目で見て分かる。

しかし、奈良県警の私服警官はSPとしての動きではなかった

と指摘。

「奈良県警の態勢をテレビ映像で見る限り、

通常いるはずの後方を確認する警察官は見当たりません。

警備に穴が開いているのは映像だけでも分かります」

AERA dot.(2022/7/8)

「結果論に聞こえるかもしれませんが、

ガムテープを巻いた、人目に付く手荷物を持つ人物がいれば、通常はマークして行動注視します。

首都圏であれば無線で『注視しろ』という指示が出ます。

この指示が出ていれば、黙って容疑者の前に立ち、行動を注視しますが、今回そうした動きは全くなかった。

連携が取れていない

慣れていないという印象は否めません」

AERA dot.(2022/7/8)

このような事件が発生してしまった原因をまとめると、

  • 奈良県警が大物政治家の警備に慣れていなかった
  • 急な演説で警備の人数が足りていなかった
  • 警視庁SPと奈良県警の連携が取れていなかった
  • 不審な人物のチェックが甘かった
  • このような攻撃を想定していなかった

などが考えられます。


結果論にはなってしまいますが、大物の政治家が訪れる機会が少ない地方だったということが、

今回の「警備態勢の穴」に繋がってしまった可能性はあります。

ただ、すぐに容疑者を取り押さえ、被害が拡大しなかった点については評価できるのではないでしょうか。

犯人を取り押さえるSP
取り押さえる瞬間
スポンサーリンク

安倍元総理のSPは役立たずで無能!ネットの声

まとめ

今回は、2022年7月8日に発生した安倍晋三元総理の事件について取り上げました。

当時の警備態勢に不備があったのではないかという指摘が続々と上がっています。

急なスケジュール変更、地方での演説、近づきやすい場所だった等、不運が重なって起きてしまった事件に思えます。

安倍晋三元総理のご冥福を心よりお祈りしています。


スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (3件)

  • 残念でなりません…。
    安部さんの御冥福をお祈りいたします。

    日本はあまりにも平和ボケ。犯罪者に超優しい国だ。

    習近平やプーチンが地元で演説する時は、狙撃兵も いたるところに配置している。

    今回、犯人が2発目を発砲する前に問答無用で即射殺するべきであった。
    今回を期に全国の警察で訓練して欲しい。

    また、警察官が発砲するのをいつも叩く、日本全国のマスコミは即潰れて欲しい。

  • 殺傷能力のある自作の銃を堂々と持ち歩ける事、
    警備が敷かれて人が大勢居る日中の街中で発砲できる事が怖い。
    日本は地方自治体程度なら簡単にテロ行為が成功すると言う証拠を作ってしまった事件でもある。

しんのすけ へ返信する コメントをキャンセル

CAPTCHA


目次