【動画】羽生結弦が挑むクワッドアクセルとは何?成功者についても【フィギュアスケート】

羽生結弦が挑むクワッドアクセルとは?成功者はいる?
スポンサーリンク

いよいよ、冬季オリンピック「北京五輪2022」が開幕。

期待するのはやはり、フィギュアスケート男子の羽生結弦選手の「オリンピック3連覇」ではないでしょうか。

3連覇のカギとなるのが、羽生選手が挑戦する「クワッドアクセル」です。

今回は、クワッドアクセルとは何か、今まで成功者はいるのかを動画を交えて解説していきます。

スポンサーリンク
目次

羽生結弦選手がクワッドアクセルでオリンピック3連覇に挑む!

北京オリンピック

4年に1度の冬季オリンピックが中国・北京で開幕。

注目はやはり、五輪3連覇が期待されている男子フィギュアスケートの羽生結弦選手ですね!

笑顔の羽生選手


19歳で挑んだ2014年のソチオリンピック、23歳で挑んだ2018年のバンクーバーオリンピック。

確かな技術力と演技力で、2大会連続で世界のトップ・金メダルに輝きました。

ソチオリンピックの羽生選手
ソチオリンピック(2014)


今回のオリンピックでも金メダルを獲得した場合は、94年ぶり2人目の偉業となるそうです!


羽生選手自身、2大会の金メダル獲得で「幼い頃の夢は叶った」と話していました。

年齢的に「引退」も考えているであろう羽生選手。

羽生選手

選手人生の中で、難易度の高い大技「クワッドアクセル」を完成させることを目標に、

負傷や葛藤を繰り返しながらも、日々練習に励んだそうです。

羽生選手


そして、3回目の北京オリンピックの出場権を手にした羽生は、

「夢の続きをしっかりとまた描いて。前回、前々回とはまた違った強さで臨みたい。」

とコメントしています。

今回のオリンピックでは「クワッドアクセル」が成功するかが金メダルのカギとなりそうです!

フィギュアスケートの大技「クワッドアクセル」とは何?

ジャンプしている羽生選手

羽生選手が挑戦するフィギュアスケートの大技「クワッドアクセル」とは、

4回転半ジャンプ

を意味しています。(4回転アクセル、4Aとも言う)


「クワッド」は英語で「4つ」を指し、

「アクセル」とは「前向きに踏み切る」の意味。


前向き(進行方向)に踏み切りますが、着氷時は後ろ向きです。

そのため、半回転多く回らないといけません。

アクセルジャンプ

6種類あるフィギュアのジャンプの中でも、「最高峰」「最も難易度が高い」と言われています。

アクセルのポイントとしては、

  • 前方に跳ぶタイミング
  • スピード(加速)の調整
  • 回転する際の体勢
  • 恐怖心に打ち勝つメンタル

など、全ての要素が揃わなければ成功するのが難しいと言われています。

さらに4回転(クワッドアクセル)ともなれば、体力の消耗も大きくなり、成功は奇跡に近いのです。

フィギュアスケートの大技「クワッドアクセル」の成功者はいる?(動画)

「クワッドアクセル(4回転半ジャンプ)」を成功させた人物は、未だかつていません。

羽生選手は、誰も成し遂げていない前代未聞の大技に挑むこととなります。

羽生選手


羽生選手は、2021年1月の全日本選手権に「クワッドアクセル」を盛り込みましたが

残念ながら、両足着氷と回転不足という結果で、成功には至りませんでした。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次