【気象庁】黒良龍太の読み方・年齢・大学(学歴)は?ニヤニヤ笑ってると話題に

ニヤニヤ笑ってる?気象庁の黒良龍太課長の読み方・年齢・学歴は?
スポンサーリンク

気象庁の予防課長を務める黒良龍太氏。

台風などの記者会見では、緊迫している状況で「笑っている」「ニヤニヤしている」などの指摘の声もあります。

一体、どんな人物なのでしょうか?

今回は、黒良龍太氏の名前の読み方や年齢・大学(学歴)などをまとめていきます。

スポンサーリンク
目次

気象庁・黒良龍太予防課長が記者会見でニヤニヤ笑ってると話題

現在、接近中の大型で危険な台風14号について、2022年9月17日、気象庁が記者会見を行いました。

台風の危険性や進路などを説明しているのは、予報課長の黒良龍太氏。

黒良課長は、

屋根が飛んで、自分の家が寝ている間につぶれてしまう可能性もあるような風が吹く。

記録的な台風がまさに接近してきている。

これまで私が気象庁で働き始めてから見たことがない。

と、前例のない規模の台風だと警告。


しかし、その説明する姿が「笑っている」「ニヤニヤしている」と話題なのです。

実際の映像がこちらです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (3件)

  • 元々そういう表情だといって擁護する意見が多いですが、間違えています。確実に笑っています。本日の台風に関する会見では声を出して笑いました。人間として異常です。ガリ勉ばかりして人間に必要な経験が欠如していたか、机上のみで仕事をしているので感覚が狂ってしまった可能性もあると思います。それか元から血も涙もない異常な人間かどちらかです。とにかく腹立たしいです。

  • 当たり前のように天気予報が得て,外れたら文句だけを言う人は,あれが笑っているように見えるかもしれませんね。
    これまでの気象をずっと見てきた専門家で,今回のような台風が発生するような異常気象がどんどん起こり,今後の予報のあり方を考える人なら,興奮するのが当然。
    会見の始まりを見ても,人前で話すことに慣れていなことは一目瞭然。
    ああいう人のたゆみない努力が,今の天気予報を支えているし,気象学史上初の予想不可能今後の天候を考えられる人です。
    情報の正確性は関係なく,表情だけで判断するような人は,気象庁から得た情報を人前で話すことを訓練された美人気象予報士の話だけを聞いていればいいと思います。

  • 記者会見で説明答弁するのが気象庁の一課長っていうのがおかしい。
    責任ある説明は気象庁の長がすればいいし,原稿あればできるでしょ。専門的な質疑応答だけは専門家が対応すればいいでしょ。
    課長という役職だけで本人の適性に関係なく,記者会見を押し付けることには疑問を感じます。どう見ても今回の課長が記者会見に適正がないことは明らか。
    今後は重大な発表をする記者会見もあることでしょう。記者会見に向けて気象庁長官を記者会見用に訓練しておくことを望みます。
    誰も不快な思いをしないようにい望みます。

mainichimainichi へ返信する コメントをキャンセル

CAPTCHA


目次