【ミステリと言う勿れ】久能整のマフラーの理由はなぜ?意味を考察(菅田将暉)

ミステリと言う勿れ久能整マフラーの理由はなぜ?
スポンサーリンク

2022年1月期の月曜ドラマ「ミステリと言う勿れ」が人気です。

菅田将暉さん演じる主人公の久能整のトレードマークが、モジャモジャの天然パーマとマフラー。

どんな時でも常にマフラーをしているため「何か理由があるのでは?」と気になっている人もいるようです。

今回は、そんな久能整がなぜいつもマフラーをしているのか、意味を考察していきます。

(※ネタバレなし)

スポンサーリンク
目次

【ミステリと言う勿れ】久能整がマフラーを常に巻いている!

2022年1月期の月曜ドラマ「ミステリと言う勿れ」。

田村由美さんの人気漫画が原作で、菅田将暉さんが主演を務めています。

主人公の大学生、久能整のトレードマークとも言えるのが、天然パーマの髪型とマフラーです。

家にいる時、大学で授業を受けている時、病院に入院した時にも常にマフラーを巻いています。

久能整のマフラー姿
久能整のマフラー姿
久能整のマフラー姿

マフラーのバリエーションもあり、大学生の設定にしては、とてもおしゃれですね。

▼久能整と同じマフラーはこちら!▼


【ミステリと言う勿れ】久能整のマフラーの理由はなぜ?意味を考察

久能整のマフラー姿

ドラマ「ミステリと言う勿れ」で主人公の久能整は常にマフラーを巻いています。

ここに何が理由があるのでは?と気になる視聴者も多いようです。

久能整がマフラーをしている理由はなぜなのでしょうか?

調べてみると、首元にある傷を隠しているのでは?と言う説がありました。


ドラマの第1話では、久能の胸元に何か傷のようなものが写るシーンもありました。

原作のシーンはこちら。

原作のシーン
「ミステリと言う勿れ」第1巻より

確かに、アザのような火傷のようなものが見えていますね。

ドラマではまだ詳しく語られていませんが、久能整の過去には何か悲しい出来事がありそうです。


2022年2月21日に放送された第7話でも、「子供の頃、家に帰るのが嫌だった」と話しています。

(子供の頃からマフラーをしています)

子供の頃の久能

第6話〜7話の「炎の天使事件」では、親から子への虐待が取り上げられていました。


事件が一件落着した後、警察署での会話で

親に虐待された子が「お母さんに会いたい」と言っている、と風呂光さんが話します。

やっぱりどんな目に遭っても、お母さんが大好きなんだろう。と池本さん。

それに対して久能は・・・

それ、いい話じゃないです。
子供のその気持ちに、大人はつけ込むので。

でも、母親も、追い詰めらている・・・

久能自身が自分の過去を思い出しているようにも思えるシーン。

何かを思う久能整

過去に虐待を受けていたのかは分かりませんが、今後、ドラマでも描かれていくはずです。

久能がいつもマフラーをしている意味も併せて明らかになっていくでしょう。


スポンサーリンク

まとめ

今回は、2022年1月期の月曜ドラマ「ミステリと言う勿れ」で主人公の久能整がマフラーをしている意味を考察しました。

おそらく何らかの傷を隠している可能性が高いと思われます。

久能にどんな過去があったのか明かされていくはずですので、今後もドラマを楽しみにしていきましょう。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる