三好達治の乳母車のラストは?解釈や意味を解説【ミステリと言う勿れ】

ミステリと言う勿れ 三好達治の詩「乳母車」のラストはどんな意味?
スポンサーリンク

2022年1月期の月9ドラマ「ミステリと言う勿れ」。

第4話の爆弾魔事件で、昭和期の詩人・三好達治さんの「乳母車」という詩が引用されました。

「(詩の)ラストがいい」とのことですが、最後の部分にはどのような意味が込められているのでしょうか?

ドラマと照らし合わせながら、解釈についてもまとめていきます。

スポンサーリンク
目次

【ミステリと言う勿れ】三好達治の詩「乳母車」が登場

ミステリと言う勿れのビジュアル

漫画原作で菅田将暉さん主演の月曜ドラマ「ミステリと言う勿れ」。


第4話では、記憶喪失となってしまった爆弾魔・三船三千夫(柄本佑)が登場しました。

菅田将暉さん演じる主人公・久能整と偶然出会い、二人は他愛もない話をしていきます。

柄本佑と菅田将暉

話をしていくうちに、三船は、親の愛情の飢えた悲しい生い立ちだったことがわかります。

柄本佑
ゴミ屋敷の中にいる少年

そのシーンで登場するのが、昭和期の詩人・三好達治の代表作「乳母車」という詩。


詩の冒頭部分がこちら。

紫陽花

母よ


淡くかなしきもののふるなり


紫陽花いろのもののふるなり


はてなき並樹のかげを


そうそうと風のふくなり

三好達治「乳母車」より抜粋(発表:1926(大正15)年『測量船』所収)

「母よ」の導入が印象的なこの詩は、

「母への切ない想い」が込められた詩と言われています。


と言うのも、作者の三好達治自身が6歳で養子に出され、

「母親の愛情を感じられずに育った」という悲しい生い立ちを持っているのです。

三好達治
三好達治(1900-1964)

ドラマでは、三船が作者の生い立ちに自分を重ねて、続けて詩を読んでいきます。

寂しい顔の少年

時はたそがれ

母よ 私の乳母車を押せ

泣きぬれる夕陽にむかつて

りんりんと


私の乳母車を押せ

三好達治「乳母車」より抜粋(発表:1926(大正15)年『測量船』所収)

「乳母車を押せ」と命令形の言葉使いが印象的な部分です。

三船は、母親が出て行った後の暗い過去を話し、

「全部あいつのせいだ」と母親への憎しみをあらわにします。

柄本佑

しかし久能は、三船の「隠された感情」に気づき、それが事件解決の手がかりとなっていきます。

菅田将暉


この「乳母車」の引用について、ネットでは「切ない」「泣いた」と言う声が聞かれました。

【ミステリと言う勿れ】三好達治の詩「乳母車」のラストとは?解釈や意味を解説

柄本佑

菅田将暉さん主演の月曜ドラマ「ミステリと言う勿れ」。

第4話で登場した三好達治さんの「乳母車」という詩が「切ない」「泣いた」と話題になっています。


特に、詩の「ラストの部分」に注目が集まりました。

と言うのも、久能(菅田将暉)と三船(柄本佑)が交わした会話で

三好達治の乳母車・・・

ラストがいいよな。

・・・はい。

と、まだ触れられていなかった詩の「ラストの部分」が取り上げられたのです。

ドラマの終盤だっただけに、余韻と感動に浸るシーンでした。

2人の後ろ姿

このように、視聴者の感動を誘った「乳母車」のラスト。

どんな詩なのか調べたところ・・・

並木道

母よ

私は知っている



この道は

遠く遠く

果てしない道

三好達治「乳母車」より抜粋(発表:1926(大正15)年『測量船』所収)

という言葉で締めくくられていました。


この部分については、色々な解釈があるようです。

その一部をご紹介します。


遠く遠く果てしない道」が表しているのは・・・

永遠に続く母への愛

柄本佑
  • 「もっと母に愛されたかった」という過去への想い
  • 「母への愛はこれからも無くならないのだろう」という未来への想い
寂しそうな少年

後にも先にも続く「母への愛」「果てしない道」と表現しているラストと受け取ることができます。


この部分が、ドラマの結末とリンクし、じわじわと押し寄せる切なさを助長させているようにも感じました。

菅田将暉



※詩は人それぞれに感じ方があるものですので、解釈の1つとして捉えていただけると幸いです。


スポンサーリンク

まとめ

今回は、2022年1月期の月曜ドラマ「ミステリと言う勿れ」で登場した三好達治さんの「乳母車」と言う詩について取り上げました。

詩のラストが話題となっており、「永遠に続く母への愛」が表現されているとの解釈がありました。

そのような切ない余韻を残した詩の締めくくりで、ドラマの内容とリンクしていました。

三好達治さんと言う昭和期の詩人が月9ドラマで取り上げられたことで、関心を持った人が増えたのではないでしょうか。

今後も「ミステリと言う勿れ」に注目していきましょう!


スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる