【三浦大知】燦燦の「順光線」歌詞の意味や解釈は?【ちむどんどん主題歌】

ちむどんどん主題歌 三浦大知「燦燦」順光線ってどういう意味?歌詞の解釈も!
スポンサーリンク

三浦大知さんの新曲「燦燦(さんさん)」。

2022年のNHK朝ドラ「ちむどんどん」の主題歌として起用されて話題となっていますね!

「燦燦」の歌詞の中で「降り注ぐ順光線」という部分がありますが、「順光線」とはあまり聞き馴染みのない言葉ではないでしょうか。

そこで今回は、「順光線」の意味や解釈についてまとめていきます!

スポンサーリンク
目次

【三浦大知】新曲「燦燦」が朝ドラ「ちむどんどん」の主題歌に!

ちむどんどん

2022年前期の朝ドラ「ちむどんどん」の主題歌に、三浦大知さんが歌う「燦燦(さんさん)」が起用されています!

沖縄が舞台の「ちむどんどん」ですが、三浦大知さんも沖縄県出身。

「燦燦」はこのドラマのために書き下ろされた楽曲で、作詞も三浦さんが手がけているそうです。

三浦大知

シングルが2022年6月8日に発売されることに合わせて、

YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」で「燦燦」を歌う動画がアップされました!

動画の冒頭では、三浦大知さんが

この曲は自分にとっての「家族の光」をテーマに作った楽曲です

と思いを語っています。


さらに、動画のコメント欄には

一曲歌うというのは人生の中のほんの”一瞬”の出来事なのかもしれません。

ですがこの”一瞬”は、何にも代え難いとても幸せな”一瞬”です。

(中略)

音楽で繋がってくれる皆さんが俺にとっての「順光線」です。

この歌があなたに届きますように。

THE FIRST TAKE 動画コメントより

とファンへのメッセージが綴られていました。

この動画は、公開から1日足らずで既に30万回以上再生!

朝ドラの主題歌ということもあり、注目度が高いことがうかがえますね。

実際の動画がこちらです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる