プーチン大統領を辞めさせるには?暗殺やクーデターの可能性はある?【ロシア】

プーチン大統領辞めさせるには?クーデターや暗殺の可能性も
スポンサーリンク

2022年2月、ロシア軍がウクライナに軍事侵攻し、多くの犠牲が止まらない状況が続いています。

ロシアのプーチン大統領に対しては国際社会からの批判が強まり、ロシア国内でも反感を持つ人もいるようです。

そんなプーチン大統領を辞めさせるには、一体どうしたらいいのでしょうか?

今後、暗殺やクーデターが起こる可能性があるのかもまとめていきます。

スポンサーリンク
目次

ロシアのプーチン大統領への批判が高まる

2022年2月に隣国のウクライナに軍事侵攻をし、混乱が続いています。

ウクライナとロシアで停戦交渉をしてはいますが、ロシア側は依然として強硬な姿勢を崩していません。

そんな中、2022年3月16日、アメリカのバイデン大統領は、プーチン大統領を批判

バイデン大統領

バイデン大統領:彼(プーチン大統領)は戦争犯罪人だと思う

と初めて明言しました。


プーチン政権は、20年以上も独裁的な政治

ロシアでは、誰もプーチン大統領に「逆らえない」「口出しできない」状況と言われています。

プーチン大統領

アメリカの中央情報局(CIA)のウィリアム・バーンズ長官は、

「助言できる人がどんどん少なくなり、

個人的な信念がより重きをなしている」と分析し、

「プーチン氏はさらに危険なかけに出る可能性が高い」と指摘した。

yahooニュース(2021/3/12)より引用

と、プーチン大統領の意思決定について懸念を示しています。


日本でも、プーチン政権に対する批判は絶えません。

ロシアのプーチン大統領を辞めさせるには?

ウクライナへの攻撃を続けるロシアのプーチン大統領。

20年以上続くこの政権に終止符を打つ方法はあるのでしょうか?

法律上は辞めさせることが難しい

プーチン大統領

結論から言うと、今のロシアの体制では、プーチン大統領を任期の途中で失脚させることは難しいでしょう。

大統領を辞めさせるためには、ロシア連邦憲法に基づき、「弾劾(だんがい)」という手続きが必要になります。


あのアメリカのトランプ元大統領も「弾劾」の審議を経験しています。

トランプ元大統領



ロシアにおける「弾劾」の手続きの条件は、

  • 下院で3分の1以上の議員による発議
  • 下院で3分の2以上の議員による賛成
  • 最高裁判所の審査
  • 上院で3分の2以上の議員による賛成

など、かなりハードルの高いものになっています。


なぜなら、下院の3分の2以上は、与党(統一ロシア)が占めている状況だからです。

ロシアの国会

さらに、裁判所の判事も事実上の任命権は大統領にあることから、

大統領に不利な判決を出す可能性は極めて低いと言われています。

2036年まで続投できる

プーチン大統領

2021年、プーチン大統領は、大統領の任期に関する憲法改正を行いました。

法改正により、2024年までの任期が終了した後も、2036年まで続投することが可能に。

憲法改正にあたって国民投票を行い、賛成多数であったと発表されています。

しかし実際には、投票が有利になるよう不正操作したのでは?と野党からの批判も。

大統領を続投する際には投票がありますが、不正操作が事実なら結果が予想できてしまいます。

スポンサーリンク

強硬手段はクーデターか暗殺

プーチン大統領

法律上、プーチン大統領を失脚させることが難しいロシアの体制。

となれば、「クーデター」または「暗殺」だと言われ始めています。

各国の政治家からも、「クーデター」や「暗殺」という言葉が出始めているようです。

プーチン包囲網がじわじわと狭まってきた。

大統領を権力の座から排除しようと、

イギリスの閣僚がロシア軍の将軍たちにクーデターを呼びかければ、

アメリカの上院議員は、暗殺待望論を表明、物議をかもしている。

Japan in depthニュース記事(2022/3/10)より
クーデターとは?

軍が中心となり、武力で政治体制を強引に乗っ取ること。(国の内乱の一種)

クーデターが起きれば、政府の要人を殺めたり、監禁され、プーチン大統領の命も危うくなるでしょう。

「暗殺」は極論にはなりますが、プーチン大統領自身、暗殺を恐れて身を隠しているという情報もあります。

クーデターや暗殺が起きる可能性

プーチン大統領

ロシアで「クーデター」や「暗殺」が起きる可能性はゼロではありません。


2022年3月14日のイギリス・デイリー・エクスプレス紙によると

「ウクライナに対する侵攻命令を下したが、

予想外の苦戦を強いられている


ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、

自身に不安を抱いているロシア軍トップたちによる

クーデターに対する備えを積極的に行なっている

という分析が公開された。

yahooニュースより引用(2022/3/14)

と、「プーチン大統領がクーデターに備えている」と言う見解を示しています。


実際、ロシア国内では、プーチン政権や戦争に対するデモや批判が広がってきている状況です。

情報統制をおこなっているロシアで、このような事態は異常とも言えるでしょう。

戦争が長期化し、経済制裁が国民生活にも影響してきた場合、何か動きが出てくるかもしれません。

国際刑事裁判所による拘束も

国際刑事裁判所

「クーデター」や「暗殺」などの強硬手段の他に、より現実的なのは「国際刑事裁判所(ICC)」による訴追です。

訴追(そつい)とは

検察官が刑事事件について公訴を提起し、それを遂行すること。(起訴と同意語)

ロシアは国際刑事裁判所の加盟国ではありませんが、

プーチン大統領が起訴された場合、裁判所に出廷する必要があります。

プーチン大統領

無視した場合でも時効がないため、外遊などで加盟国を訪問した際、身柄が拘束(逮捕)される可能性も。

すでに、イギリス・ドイツ・フランスなどの39カ国が、

国際刑事裁判所にプーチン大統領の訴追を依頼しました。(2022年3月2日)


プーチン大統領の罪について、

  • 集団殺害(ジェノサイド)
  • 人道に対する罪
  • 戦争犯罪

が訴追対象になるとしています。

それを受けて、国際刑事裁判所は、捜査を開始する意向を表明

プーチン大統領が国際的に立場が危うくなることは時間の問題かもしれません。

まとめ

今回は、批判が高まっているロシアのプーチン大統領を辞めさせる手段についてまとめました。

「クーデター」や「暗殺」などの強硬手段が言われ始めていますが、国際刑事裁判所による訴追と拘束という方法が現実味を帯びてきています。

刻一刻とウクライナの被害が広がる状況ですので、できるだけ穏便に事態が収束する方法を望みたいと思います。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • プーチンの死を集合意識で可能にしましょう。
    ガンの手術のせいで息を引き取ってもらうのがベストです。麻酔科の先生の意識に問いかけましょう。そうしたらこの戦争がいかに愚かなものかが覚醒意識としてロシア軍に目覚めさせるきっかけになると思います。

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる