【動画】仙台育英の満塁ホームランに感動!岩崎は病気からの復帰【甲子園決勝2022】

感動必須!仙台育英の満塁ホームラン動画!2022年甲子園決勝
スポンサーリンク

2022年夏の甲子園の決勝戦は、仙台育英VS下関国際。

2022年8月22日に行われている決勝戦の7回で、仙台育英の岩崎選手が満塁ホームランを放ちました!

岩崎選手は、2021年に運動誘発ぜんそくや逆流性食道炎等で寝たきりになり、一度野球を諦めかけていたそうです。

そんな苦労人が放ったホームランに、視聴者からは感動の声が多く上がっています。

そこで今回は、仙台育英の満塁ホームランの動画と岩崎選手についてご紹介します!

スポンサーリンク
目次

【動画】仙台育英の岩崎選手が満塁ホームラン!(甲子園決勝)

2022年8月22日、甲子園で行われた決勝戦は「仙台育英」と「下関国際」の戦い。

仙台育英が3点リードして迎えた7回で、

5番バッターの岩崎生弥選手(3年)が満塁ホームランを放ちました!

このホームランで、試合は8対1となり、かなりの点差をつけた形になりました。

岩崎選手がホームに戻った後、仙台育英の須江監督と熱い抱擁。

このような大舞台で満塁ホームランを放った岩崎選手。

実は辛い闘病生活を乗り越えて甲子園の舞台に戻ってきていたのです。

この抱擁には、色々な感情が込み上げてきていたことでしょう。

スポンサーリンク

岩崎選手は病気で野球を諦めかけていた!

甲子園決勝という大舞台で、満塁ホームランを放った岩崎生弥選手。

この感動の裏には、苦しい闘病生活があったそうです。


2021年6月、岩崎選手は、

  • 運動誘発ぜんそく
  • 逆流性食道炎
  • 食道裂孔ヘルニア

を発症し、約2ヶ月の療養をしていました。

母親には「もう野球ができないのかな」と弱音を吐いたことも。


その後、復帰してチームに合流した岩崎選手。

仲間からの励ましももらいながら、ひたすら打撃練習を続けていたそうです。


須江航監督もその姿に感銘を受けたと話しています。

「苦労と努力が表れた、心と技術の安定感が素晴らしい。打つ雰囲気しかまとっていない。感動で涙が出る」。

引用:毎日新聞

練習の努力と精神力が実り、宮城大会はベンチ外ながら、甲子園でメンバー入り。

仙台育英を優勝へ導いた岩崎選手は、病を乗り越えたまさに「不屈の打者」だったのですね!

スポンサーリンク

ネットの反応

スポンサーリンク

まとめ

今回は、2022年夏の甲子園決勝で満塁ホームランを決めた仙台育英の岩崎選手について取り上げました。

闘病を乗り越えて放ったホームランの動画に感動シーンする人が多かったようです。

甲子園優勝、本当におめでとうございます!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次